思春期ニキビ

思春期ニキビは幼少期から大人とへ身体的に変化する時期(思春期)にできやすいニキビです。
思春期ニキビができる原因としてはホルモンのバランスが著しく変化することが大きな原因です。
男子はもちろんですが、女の子でも男性ホルモンが一時的に多く分泌される時期でもあります。
男性ホルモンには、皮脂の分泌を促す働きがあると言われており、
皮脂が分泌が過剰にされることによって毛穴が詰まりやすくなりニキビができやすくなるのです。
あなたはチョコレートやケーキなどの甘いお菓子や、唐揚げ、お肉といった油っぽいものを食べ過ぎるとニキビが出来やすいと

 

感じたことはありませんか?
それは、それらを摂取することで皮脂の分泌が過剰になり、毛穴が詰まりやすくなるからニキビができるのです。
学生の頃なんかは肌の脂がきになりあぶらとり紙を常に持参する男子も多かったことを思い出します。
思春期ニキビができやすいのはおでこや鼻のTゾーン。そして胸や背中などにも皮脂が毛穴に詰まりやすいのでできやすいです。
つまり皮脂腺の多いところに思春期ニキビはできやすいのです。
思春期ニキビの対策は過剰な皮脂を取り除く効果が期待できる基礎化粧品や洗浄力の強い洗顔料などを使うこと。
そしてまめに洗顔を心がけ、清潔な肌を保つように工夫することが思春期ニキビを防ぐポイントです。